コラム

最新美容外科情報
2018.11.28

ウルセラ

加齢とともに顔は大きく変化していきます。その代表ともいえるのが“たるみ”です。

自分で頬を引き上げて、こんな感じだったらな~と鏡をみつめたことがあるかたは多いのでないでしょうか。たるみは様々な悩みの原因となります。法令線が悪化するのも、目の下のクマが目立ってくるのも、フェイスラインが緩んでくるのも、すべてたるみが原因です。たるみって厄介ですよね(´;ω;`)ウゥゥ

 

ではなぜ“たるみ”がおきるのか?

皮下脂肪の減少や骨格の変化などもありますが、大きな原因の一つは、SMAS(皮膚と筋肉をつなぐ支持組織のようなもの)という組織がゆるんでくることで、皮膚が下垂するからです。

 

たるみ取りオペの代表ともいえるフェイスリフト術は、皮膚を支持組織とともに引き上げていきます。

でもオペするのは怖い。オペはしたくない。という人はどうしようもない??

いえいえそんなことはありません。

機械治療でもたるみ治療は可能です。

例えば、サーマクール、イントラジェン。これはラジオ波を当てることでコラーゲンの再生を促すとともに、発生する熱によりリフトアップを実現します。

フラクショナルレーザーは、皮膚に穴をあけることでコラーゲンの再生を促すとともにリフトアップを実現します。

つまり、熱や損傷を与えることで組織は縮みます。例えば生肉や生魚を焼くと縮むように、人間の組織も焼くと縮みます。縮むということはそれだけ引きあがるということなので、結果リフトアップできるということになります。

 

これらの治療を経験された方はわかるかもしれませんが、こういった治療は1~3か月かけて少しずつリフトアップしていくため、施術直後の満足度がやや乏しくなってしまうのが悩みどころでした。写真で比較すると効果は出ているのですが、毎日少しずつ変化していくのでご本人にはどうしても実感が乏しくなりますよ。

 

そこでお勧めなのが、施術直後から効果の実感があるウルセラです!!

上記の治療と何が違うのか、それは最初にお話ししたSMASを特異的に治療することができる点です。SMASは深いところにあるので今までの機械では治療することが無理でした。手術でしか触れることができなかったSMASを機械で特異的に凝固することができるのがウルセラです。

またSMASだけでなく、真皮下も治療するので効果はグンとアップします。

ウルセラのもう一つの特徴は、超音波治療であることです。超音波とはお腹の中の赤ちゃんを検診するときに使う安全な機械です。超音波で皮膚の状態を確認しながら治療していくので安心且つ効果的な治療が可能です。

 

初めての方はもちろん、今までの機械治療で満足いかなかったかたも、是非試して頂いて効果の違いを実感して頂ければと思います。

 

効果は直後から実感でき、

さらに、1年から1年半持続します。

そしてこれだけの効果があるのにダウンタイムはゼロです。翌日のことも今後の予定もまったく気にする必要性がありません。直後からメイクも可能です。

 

組織を焼くのだから、さぞかし痛いのでは、と思いがちですが、

痛み止めのお薬を使用しなくても施術可能です。ただ痛みが不安なかたは、無痛に近い状態での施術も可能ですのでご相談下さい。

 

たるんでしまった顔を引き上げたい。けれど、手術する勇気はないし、糸を入れるのも怖い。そんなあなた。ウルセラしかありません。

 

少したるみが気になってきた。このままたるんでいくのが怖い。なんとかしたいけど、何をしていいかわからないし、何だか不安。そんなかたもウルセラしかありません。

 

まだ、たるみなんて全然気にならない。私には関係ないと思っているあなた。そんなことありません。

ウルセラをやることで、たるみの予防になります。また顎ラインがすっきりするため小顔効果も抜群。憧れの小顔を手に入れることができます。

 

20代の方は小顔目的に、30代の方はたるみ予防と引き上げ効果、40代以降の方はたるみ治療目的にと、様々な年齢層で需要があるのがウルセラです。

気軽にできるのが最大の魅力でもあります。仕事を休めないから、人にばれて色々言われるのが面倒くさいからと治療をあきらめていた方こそ、是非おすすめです。

最新美容外科情報の関連記事