豊胸術(バストアップ)

豊胸術(バストアップ)とは

小さなバスト、垂れたバスト、しぼんだバスト、左右の大きさが違うバストなど、バストの悩みを持つ女性は多く、大きさや形ばかりでなく硬さや感触も気になる要因の一つといえます。これらは成長期の発育の問題ばかりでなく、出産や授乳、加齢による衰えが原因の場合もあります。

「新しい豊胸術というのはどういうものでしょうか」
「いろいろな手術方法があるようですが、どの方法が一番良いのでしょうか」

といったご質問が多く寄せられます。

豊胸の手術方法には人工乳腺法(バック挿入)、脂肪注入法、ヒアルロン酸豊胸法(ヒアルロン酸注入)に分けることができます。

現在行われている豊胸手術のほとんどは人工乳腺法になります。人工乳腺として使用されるバッグは、安全であり、形よく仕上がり、感触も柔らかで自然であることが求められます。

脂肪注入法は、まず自分の脂肪を吸引(痩せたいところを脂肪吸引)し、その脂肪をバストに注入します。注入する方法は、乳腺上、乳腺下、大胸筋下などの多層に分けて注入します。こうすることで生着率(脂肪が注入された場所で存在していく確率)を向上させることができます。

ヒアルロン酸豊胸法は、メスを使用しない豊胸法で、お胸に何ヶ所かヒアルロン酸の注射を打つことによりお胸の形を整えます。また、内側のみ、デコルテ部分のみ等の部分的注入も可能になります。

今こんな事に、悩んでいませんか?

  • 小さな胸を大きくしたい
  • 乳頭、乳輪の大きさが気になる
  • 垂れてしまったバストを持ち上げたい
  • 切らずにバストアップしたい

上記のお悩みは完治させるために、当院の豊胸術をおすすめします。

豊胸術の主な手術方法

  • 脂肪注入法(ピュアグラフト豊胸)
  • ヒアルロン酸豊胸
  • 人工乳腺法

現在の日本で行われている豊胸術の治療方法は、大きく分けて上記の3つに分類されます。

脂肪注入法(ピュアグラフト豊胸)とは

脂肪注入法は、サイズダウンをしたい部分の脂肪を吸引し、バストに注入することで、バランスの取れた理想的なプロポーション作りを実現いたします。脂肪注入法は大きくバストアップをする事は難しく、バストを一回り大きくしたい、という方におすすめです。
また、吸引した脂肪を少しでも有効活用したい方や、人工乳腺(バック)などの異物を挿入することに抵抗を感じる方、腹部や下半身が太っているわりにバストが小さいと悩んでいる方などに適した豊胸術です。 ご自身の脂肪を使用する為、アレルギーなどの拒絶反応が起きる事もなく、安全性も確かです。

ヒアルロン酸豊胸とは

ヒアルロン酸豊胸は人工乳腺(バック)を挿入するのに抵抗のある方、または短期的な豊胸を希望する方、お胸の左右差が気になる方などに適しています。ヒアルロン酸は皮膚や皮下および結合組織中のほか、滑膜組織および滑液中に重要な構造要素として、もともと体内に存在していますので、安全性も高く、アレルギーの発生率も極めて低い為、アレルギーテストの必要もございません。
全体的なバストアップの他、谷間部分やお胸の上部、外側の部分など、ご希望の部分にご希望の量を注入することが出来ます。注入量や注入する箇所を決定し、バストの深い部分である乳腺下、乳腺周囲に注入します。仕上がりも大変自然な感触でダウンタイムや術後の制限もほぼなく、すぐに普段通りの生活に戻れます。

人工乳腺法とは

人工乳腺(豊胸バック)は、脇の下の皺に沿って1本線の切開をし、そこから人工乳腺(豊胸バック)を挿入します。 挿入後、元の皺の状態になるよう綺麗に縫合しますので、手術跡はわかりにくく自然な状態に仕上がります。
お胸が小さくて悩まれている方の他、授乳後や加齢で下垂がでてきたという方、しぼんでしまったという方にも、張りやボリュームを取り戻し、若々しいバストにすることができます。
また、左右の胸の大きさの違いに悩まれている方でも、これらのバランスを改善することができます。
乳腺組織を傷つけることはありませんので、授乳に支障をきたしたり、感覚障害を残したりする心配はありません。

脂肪注入法(ピュアグラフト豊胸)

ピュアグラフト豊胸手術について

ピュアグラフト豊胸手術(濃縮脂肪注入法)は、FDAの認可を得ている治療法で、
純度の高い良質な移植用脂肪細胞を注入し、バストアップを図る豊胸手術です。

※FDAとは・・・アメリカの政府機関の1つで、保険・福祉省に属します。
消費者が触れる機会が多い、食品や医薬品等の取締りを行っている政府機関です。

ピュアグラフト豊胸手術(濃縮脂肪注入法)とは

ピュアグラフト豊胸手術は、まず自身の脂肪を吸引し、その脂肪を特殊なフィルターにかけ、幹細胞や各種成長因子が含まれた純度の高い良質な移植用脂肪細胞を取りだし、不純物を取り除きます。そして、取り出した移植用脂肪細胞をバストに注入しバストアップします。

幹細胞・・・・・

複数系統の細胞に分化する能力を有し、さらに細胞分裂を繰り返しても自己の修復機能が保持できる細胞です。簡単に言ってしまうと、幹細胞は、色々な細胞に変化する事ができる細胞です。 そのため、脂肪と一緒に幹細胞を注入する事で、より脂肪の生着率をあげることができます。

ピュアグラフト豊胸手術(濃縮脂肪注入法)と従来の脂肪注入法の違いに関して

まず、大きく違うのはその生着率の違いが挙げられます。
ピュアグラフト豊胸手術(濃縮脂肪注入法)では、不純物を2層のフィルターで取り除く事により、従来の脂肪注入法と比較して、バストへの脂肪細胞の定着率が高くなります。

また、しこり(石灰化)の可能性が低いという点も大きな違いです。
しこり(石灰化)は、1箇所に大量の脂肪を注入すると起きやすいですが、当院では厳選された移植用脂肪細胞をさらに広範囲に丁寧に少しずつ注入することにより、しこり(石灰化)が起きる確率をより低くなるよう配慮しています。

ピュアグラフト豊胸のメリット

  • 生着率が高い
  • 高純度で高濃度の良質な移植用脂肪細胞を使用
  • 自然な見た目と感触で、レントゲンにも映らない
  • お腹や太ももを同時に細くできるので、理想のボディラインが実現
  • 異物を体内に入れたくない方にオススメ
  • しこりのリスクが低い

ピュアグラフト豊胸術のメリットに関しては、治療の過程において脂肪吸引を行うので、バストアップと同時に痩身効果も期待できるという点が挙げられます。 そして、自身の脂肪を注入するため、仕上がりや触った際の感触も自然ですし、自身の脂肪のため、異物反応や拒絶反応の心配がありません。

また、脂肪を注入する際、注射器で注入していくので、「谷間がほしい」「サイドのボリュームを出したい」など、ご自身の希望に合わせてバストラインをデザインする事が出来ます。

ピュアグラフト豊胸手術(濃縮脂肪注入法)施術例

1.脂肪吸引では、血管や神経を傷つけることなく脂肪細胞のみを確実に吸引することができます。そのため、出血量も非常に少なく、浮腫み、痛みも小さく抑えることができます。※吸引箇所と量により治療費が異なります。
2.ピュアグラフトは、脂肪を吸引し、その脂肪を専用のバッグに入れ、脂肪組織をフィルターにかけます。その後、脂肪吸引の際に含まれた不純物を除去し濃縮されたより純度の高い移植用脂肪組織のみを厳選し、注入します。※吸引箇所と量により治療費が異なります。

合併症

脂肪吸引部、注入部に腫れが発生します。
内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに治ることがほとんどです。
注入部一ヶ所に脂肪を注入しすぎた場合、嚢腫形成、石灰化などが起こる可能性があります。
手術直後は切開部分の赤みができ、目立たなくなるまでに時間がかかることもあります。
手術部位およびその周辺の感覚が一時的に鈍くなることがあります。ほとんどの場合、時間の経過と共に回復します。

料金表

まず自身の脂肪を吸引して、その吸引した脂肪を専用のバッグに入れ、脂肪組織をフィルターにかけます。
その後、脂肪吸引の際に含まれた不純物を除去し濃縮されたより純度の高い移植用脂肪組織のみを厳選します。
そして、その移植用脂肪組織をバストに注入し、バストアップを図ります。

手術方法 手術費用 ※1
脂肪吸引 ¥200,000〜550,000
濃縮脂肪注入 ¥400,000

※ 治療の効果には個人差があります。

※ 一般の医療と同じく、稀ですがリスクと副作用が存在します。

※ 表記は税抜表示です。

※1 手術費用は吸引箇所と量により異なります。

ヒアルロン酸豊胸

ヒアルロン酸豊胸について

全体的なバストアップや、希望の部分への注入も可能です。
切らずに短時間の施術で、自信の持てる自然な感触のふっくらバストに!!

ヒアルロン酸豊胸とは

ヒアルロン酸豊胸法は、メスを使用しない豊胸法で、お胸に何ヶ所かヒアルロン酸の注射を打つことによりお胸の形を整えます。バスト専用のヒアルロン酸にはいくつかの種類がありますが、当院では高品質で安全性の高い、次世代ヒアルロン酸の『ボディコンタリング(Body ContouringMLF1、MLF2)』を使用しております。

ボディコンタリングMLF1、MLF2・・・・・

豊胸に用いられる最新のヒアルロン酸で、安全性、品質が高いドイツ製です。今まで使用されていたマクロレーンが販売中止となり代替品として登場しました。MLF1、MLF2で粒子の大きさが異なります。 持続期間は1~2年程度、他のヒアルロン酸よりも長持ちで、美しいバストを保ちます。

取扱いヒアルロン酸について

城本クリニックでは、業界では名前が知れている高品質なヒアルロン酸のみを使用しています。 薬剤はすべて正規代理店を通して調達していますので、安心して治療をお受けいただけます。

ヒアルロン酸注入技術
経験豊富な医師が、患者様ひとりひとりの状態に適したヒアルロン酸治療を提供します。また、海外の先生やメーカの指導医をお招きして、注入技術向上のための勉強会を開催することにより、より高品質で安全性の高い医療技術が提供できるよう努めています。

体内に入れるからこそ高品質な薬剤を!
ヒアルロン酸治療は、短時間の治療とダウンタイムの短さから、日本国内の美容医療でも人気の高い治療法です。食品に比べ、薬剤の「原産地や種類」の情報を得る方は少ないと思います。ヒアルロン酸は体内に入れる物ですので、信頼性の高い入手ルートで調達された、安全性の高い薬剤を使用されることをお勧めします。

ヒアルロン酸豊胸はこんな方におすすめ

  • 左右の大きさが違うのが気になる
  • バストを大きくしたいけれどバッグを入れるのには抵抗がある
  • 授乳後に下垂してしまったバストにハリと若さを取り戻したい

ヒアルロン酸は皮膚や皮下および結合組織中のほか、滑膜組織および滑液中に重要な構造要素として、もともと体内に存在していますので、安全性も高く、アレルギーの発生率も極めて低い為、アレルギーテストの必要もございません。 カウンセリングにてお悩みやご希望を詳しくお伺いさせて頂き、注入量や注入する箇所を決定し、バストの深い部分である乳腺下、乳腺周囲に注入します。仕上がりも大変自然な感触でダウンタイムや術後の制限もほぼなく、すぐに普段通りの生活に戻れます。

ヒアルロン酸豊胸 施術例

ヒアルロン酸で、全体的なバストアップや、希望の部分への注入も可能です。
切らずに短時間の施術で、自信の持てる自然な感触のふっくらバストになります。

合併症

ヒアルロン酸注射・ヒアルロン酸修正治療・ヒアルロニダーゼ・による治療を行う場合、針を刺した箇所が赤くなることがありますが、殆どの方が当日中には気にならなくなります。
治療当日は少し突っ張った感じがありますが、時間の経過とともに減少します。
内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに気にならなくなります。
また、まれに感染を起こす事があります。

料金表

ヒアルロン酸注入法は、全体的なバストアップの他、谷間部分やお胸の上部、外側の部分など、
ご希望の部分にご希望の量を注入することが出来ます。

手術方法 手術費用 ※1
ヒアルロン酸注入(1cc) ¥7,150〜
ヒアルロン酸注入(100cc) ¥360,000

※ 治療の効果には個人差があります。

※ 一般の医療と同じく、稀ですがリスクと副作用が存在します。

※ 表記は税抜表示です。

※1 100ccの場合1ccあたり3,600円になります。

人工乳腺法

人工乳腺法について

全体的なバストアップや、希望の部分への注入も可能です。
切らずに短時間の施術で、自信の持てる自然な感触のふっくらバストに!!

人工乳腺法とは

人工乳腺(豊胸バック)は、脇の下の皺もしくは胸の下の影の部分に沿って1本線の切開をし、そこから人工乳腺(豊胸バック)を挿入します。
挿入後、元の皺の状態になるよう綺麗に縫合しますので、手術跡はわかりにくく自然な状態に仕上がります。
お胸が小さくて悩まれている方の他、授乳後や加齢で下垂がでてきたという方、しぼんでしまったという方にも、張りやボリュームを取り戻し、若々しいバストにすることができます。

また、左右の胸の大きさの違いに悩まれている方でも、これらのバランスを改善することができます。
乳腺組織を傷つけることはありませんので、授乳に支障をきたしたり、感覚障害を残したりする心配はありません。

感触にも優れ、サイズや形状を自由に選択する事ができます。
城本クリニックでは、日本国内で使用されている全てのバックを取り揃えております。

切開する部位について

城本クリニック池袋院では、患者様のライフスタイルに合わせて、脇の部分の切開もしくは乳房下の切開のいずれかから選択して頂いています。

また、ケラーフロンネルという器具を用いて通常5cm程の切開を4cm〜3.5cmまで小さくする事が可能となっています。

取り扱い人工乳腺の種類

人工乳腺には、シリコンバッグをはじめ、生理食塩水バッグ、ハイドロジェルバッグ、CMCバッグ、コヒーシブバッグ、アナトミカルバッグ、様々なものがあり、城本クリニックでは、国内で使用できる全てのバッグの中から、患者様のご要望に応じて選んでいただけるようになっています。

安全性 触感 耐久性 X線透過性
Motiva(モティバ)
バイオセル◎FDA認可
メモリージェル◎FDA認可
コヒーシブシリコン
シリコン
生理食塩水

Motiva(モティバ)
Establishment Labs(エスタブリッシュメント・ラブス社)のMotiva(モティバ)のバックは、全てCEマークを取得しており、100%の充填、ウルトラソフト、形状安定のジェルが適切な形状を保持し、美しい胸を実現します。また、FDA承認済みのNusil社製長期インプラント用医療グレードシリコンのみを使用しています。

エスタブリッシュメント・ラブス社は、世界で名を馳せる豊胸用インプラントメーカーであるアラガン社やメンター社、ユーロシリコン社等で勤務した技術者が集結しており、その技術により、従来のインプラントが抱える問題点を降伏したバッグがMotiva(モティバ)です。

バイオセルバッグ
バイオセルバッグは、形成外科の胸部形成分野において高い技術力を有するアイルランドのマクガン社で開発された、アメリカ厚生省(FDA)許可申請を取得したバッグです。バリアコートとよばれるバッグを3層構造にする特許により、従来の豊胸バッグに比べてシリコンが漏れるのを防止し、破れにくい構造になっています。さらに、表面は組織適合性に優れたテクスチャード加工により、皮膜拘縮も予防します。

メモリージェルバッグ
米メンター社のメモリージェルバッグです。アメリカ厚生省(FDA)許可申請を取得したバッグです。4重膜の外皮で覆われており、2層のメチルレイヤーで耐久性を一層高めました。また、フェニルレイヤーをメチルレイヤーに挟むなど、シリコンが漏れるのを防止するバリヤー層になっています。触り心地も申し分なく、バッグの破損によって内容物が漏れた場合は、新しいバッグへの交換が保証されています。

シリコンバッグ
シリコンバッグ豊胸術用バッグとしては最も歴史が長く、もともと世界各国で広く使用されていたバッグです。非常に柔らかい素材であり、挿入後も違和感のない自然な感触がその大きな特長です。しかし、米国FDAが1992年、バッグが破損して中身のシリコンがもれた場合の危険性について指摘してから、現在は使用しているクリニックは殆どございません。

生理食塩水バッグ
生理食塩水バッグは、内容物に完全無菌処理を施した人間の血液と浸透圧の等しい濃度0.9%の生理食塩水を用いたもので、医療現場では頻繁に使用されています。コンタクトレンズの液と同じものですから、癌や自己免疫の異常を起こす心配はありません。このことによってバッグが万が一破れても、人体へ影響ない豊胸手術が可能になりました。しかし、感触がやや不自然であることと内容物(生理食塩水)が漏れやすいこと、マッサージが必要な点から殆ど行われておりません。

豊胸(人工乳腺法) 施術例

ワキの下もしくは胸の下の影の部分から人間の乳腺に近い人工のバッグを挿入し、バストアップを行う方法です。
触感にも優れ、サイズや形状を自由に選択することができます。

合併症

手術をすることで腫れが発生します。
内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに治ることがほとんどです。
手術直後は切開部分の赤みができ、目立たなくなるまでに時間がかかることもあります。

料金表

城本クリニックは全てのドクターが美容外科か形成外科か一般外科、外科系出身のドクターばかりです。
手術をお考えであれば、手術経験豊富な城本クリニックドクターにお任せ下さい。

手術方法 手術費用
コヒーシブシリコンバッグ ¥950,000
Motiva(モティバ)バッグ ¥200,000
バッグ除去(当院) ¥350,000
バッグ除去(他院) ¥500,000
ケラーファンネル ¥50,000

※ 治療の効果には個人差があります。

※ 一般の医療と同じく、稀ですがリスクと副作用が存在します。

※ 表記は税抜表示です。

その他のお胸の手術について

私たちは患者様のお悩みを一つ一つ解決し、ご要望に応えるための努力を惜しみません。

陥没乳頭形成術

乳頭が乳房の方へ埋まっている状態を陥没乳頭といいます。治療法としては、乳管を温存しつつ内側に埋まっている乳頭を表に出し、固定する方法となります。術後も出産後の授乳を正常におこなえます。

乳頭縮小術

大きい乳頭をバランスの良いサイズに縮小します。乳頭の幅、高さ、形を整えることもできます。授乳で乳頭が伸びてしまった人にも適しています。術後も出産後の授乳を正常におこなえます。

乳輪縮小術

大きい乳輪をバランスの良いサイズに縮小します。乳輪が大きくなる原因は、遺伝による先天的なものや、バストの発育と共に徐々に現われるものなど様々ですが、妊娠したことのある女性や、太ったり痩せたりを繰り返す方に多く見られます。

豊胸術(バストアップ)に関するQ&A

麻酔の種類について詳しく教えて下さい。
麻酔法は局所麻酔、硬膜外麻酔、静脈麻酔、吸入麻酔の4種類に分類されます。豊胸では、局所麻酔以外の麻酔法を用いることが多く、起きていた方がいい人は硬膜外麻酔を、眠っている間に手術を終えたい人は意識のない麻酔方法を選択できます。いずれにしましても、無痛で安全です。
急に大きくなるのは周りにバレそうで嫌なのですが・・・
ヒアルロン酸豊胸術でしたら、例えば1ヶ月ごとに少しずつ注入していく事も可能ですので、徐々に大きくすることができます。お注射ですので、傷も残りません。(注射針の痕がでた場合も数日で消えてしまいます)
妊娠・授乳に影響はないのですか?
問題ありません。乳腺への影響もなく乳腺は完全に自由な状態ですから、妊娠・授乳に不都合を生じることもありません。もちろん、授乳の成分に悪い影響を与えることもありませんのでご安心ください。
バストが下垂しているのですが元に戻すことは出来ますか?
人工乳腺法でバッグをお入れすることでハリを持たせることが出来ます。ご希望の大きさのバッグを挿入いたします。その他に大きさは変えずに下垂のみ改善したい場合には下がった部分の皮膚を余分な組織とともに切除し引き上げる手術もございます。

納得いくまでご相談ください

城本クリニックは、豊胸で世界トップシェアを誇る米MENTOR社より、日本初の公認クリニックに選ばれました。
定期的な技術や情報交換により、常に豊胸技術の向上を目指しています。
また、初めての方でも不安を解消して頂くために、当院はカウンセリングを重視しています。
治療に関して解らないこと、心配なこと、納得いくまでじっくりご相談ください。